読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷあしお道場

病弱オレカバトラーの魔王だゼッ!!オレカバトルの考察・感想中心のブログのつもりです!

魔王だゼッ!!オレカバトル 1話『おジャマし魔王だゼッ!!』感想・考察

魔王だゼッ!!オレカバトル

こんにちは、初めまして!

魔王だゼッ!!オレカバトル大好き!オレカバトラーのゆけ島先生(ゆけじませんせい)と申します。HNなので職業は先生ではないです、名前が長いので『ゆけ島』と覚えてくださいね。因みに相棒のモンスターは巫女ラムーネです。

 

このブログを開設したのは、小学館月刊コロコロコミックで2015年4月号~2016年別冊コロコロコミック2月号で連載していた 原作・KONAMI 著・出水ぽすか先生の『魔王だゼッ!!オレカバトル』の感想などを私のヘタッピな絵を交えながらまとめつつ自分なりの考察をしていきたいな~と思ったからです。

 

この漫画、予告編の月刊コロコロコミック3月号の時からリアルタイムで読んでいたのですが実は去年の9月を過ぎる頃まで『ただの作画がよくて面白い漫画』程度に思っていたのです。なんだかもったいないことをしたなあと思っています。原作オレカバトルの魔王だゼッ!!オレカバトルと連動したイベントもあったのにネ(サイン会も勿論行ってません)

魔王だゼッ!!オレカバトル(以下魔王だゼッ!!)は、漫画と実際のゲーム(モンスター列伝オレカバトル)とリアルタイムにリンクしたコンテンツでした。

コロコロや単行本にカードがついてきたり、ゲームで実際にイベントが開催されたり…漫画で新章先出しのモンスターが出たり…と中々魅力的な漫画です。(現在はコロコロコミックオレカバトル自体の情報がなくなってしまった&漫画自体の連載が終了してしまったためゲームのみとなっています)

 

なお、漫画のネタバレも含みますので注意してください!

原作ゲーム、そして単行本と本誌連載分を比較しながら書いていこうと思っています。

 

そしてこの漫画の魅力をお伝えしつつ、考察ができたらなと思います!

 

 

まずはこの漫画の内容と主人公の紹介から参りましょう。

 

>あらすじ

漫画の主人公はなんと『元・魔王』のジンジャーエイル!なんと彼は略奪した国のお宝である『パンドラの箱』に食べられ、魔力を奪われ人間になってしまったのです…。ここからして面白いですよね、主人公が元魔王…悪役、少年漫画であるコロコロコミックでは珍しいんじゃないかな?と思います(普通は正義側の人間が主人公なことが多いと思うので)。

彼はオレカ界を支配と奪略を繰り返していたオレカ界の魔王なので、人間界のことはさっぱりわかりません。それに、彼の元々の性格がTHE・魔王なので自分が気に食わない人間には自分よりも幾ら力の強い相手であろうと喧嘩を売ってしまい なすすべもなく返り討ちにあったりもします。

ああかわいそうなジンジャーエイル!…果たして彼は元の力を取り戻してオレカ界に戻れるのでしょうか?

 

 

…といった感じの内容です。彼がオレカ界で食べられてしまった『パンドラの箱(以下パンドラ)』がカギとなっています。魔王ジンジャーエイル(以下エイル)は、パンドラを探して人間界を旅することにするのです。

 

 

 さて、漫画のあらすじをなんとなく紹介したところで 内容に踏み入って行くのですが 予告編(月刊コロコロコミック3月号掲載分・単行本未収録)と1話(月刊コロコロコミック4月号掲載分)から参りましょう。

 

 

>予告編

<漫画のざっくり内容>

オレカ界の美しい王国が魔王ジンジャーエイルによって破壊されてしまった!

…しかし、そのジンジャーエイルは突然人間に…何度魔王だと名乗っても全く信じてもらえないジンジャーエイル。人間になってしまい魔力がない彼を倒すなら今がチャンスだと彼を狙うオレカ界のモンスターたちが襲いかかってきます!

果たしてジンジャーエイルは元の姿に戻れるのか!?

 

…ジンジャーエイルとジンジャーエールってなんだか似てる!?

 

 

実はこの予告編、単行本未収録なのですが本編に出てこなかった新3章までのオレカバトルのキャラが沢山出てきます。そして2話(後述)に登場する新4章の新キャラクター『マーリン』や『リフレク』などといったキャラクターもこっそり紛れているのです。気づきました?

 

私は最初に気づいた時に「うわーっ!ぽすか先生すごいなぁ!」と思いました。伏線ってヤツですね。エイルを狙うマーリンとリフレクが予告編にいて、2話にちゃんと繋いであるのです。びっくりです。

 

そして、この予告編には 本編に登場する目論ソータ(以下ソータ)、天井ラムネ(以下ラムネ)、ラコーラの初期案であろうキャラクターが最終ページにいるのです。

 ソータ、ラムネのデザインは本編でのデザインに近いものなのですが、ラコーラ(らしき人物)はだいぶ違っています。

f:id:yukexima:20160712020912j:plain

(絵・ゆけ島)ソータだけ何故かかいてなかったので後でこっそり追加します…ごめんなさい。

余談ですが、私の絵だとこの予告編ラコーラ(以下ボツラコーラ)…なんだか逆●裁判のユ●ミ検事みたいに見えますね。

 

このボツラコーラくんなのですが、実際のラコーラ自体は本編や新6章で追加された時は 違うデザインでモンスターの状態で登場しました。当初は人間の姿で登場する予定だったのでしょうか?そのパターンも何だか読んでみたいですね。

 

予告編はたった8ページだけですが、内容はとても濃いので興味がある方は月刊コロコロコミック2015年3月号をどうぞ!(ちょうど山浦版オレカバトルの最終回も掲載されています)

 

>1話 おジャマし魔王だゼッ!!

 <内容ざっくり内容>

舞台は小波町(こなみまち)…ショッピングモール。

深夜、ショッピングモールに現れるという謎のモンスターの噂を聞きつけて動画を撮りに来た人間の少年、目論ソータは突然現れた宝箱を探す神邪エイル(実際はジンジャーエイルという名前だが、彼が勘違いしてしまった)と名乗る少年と出会います。急に現れたエイルを殴ってしまったソータはお詫びのしるしにとマシュマロを与え彼が何をしているのかと問い、彼の目的を知ります。「小さい子を放っておけない」そんな理由で彼の宝箱探しを手伝い始めますが、そこに宝箱を狙うモンスター・アスモデウスが現れ襲われてしまいます!果たして、ソータとエイルの運命は!?

 

 

…といった感じの内容です。

舞台である小波町、原作であるKONAMIが元ネタなんだと今気づきました。

多分連載時や単行本を読んでる最中にも気づいていたかもしれませんが幾ら何でもアホすぎますね、記憶力を鍛えたいところです。何度でも新しい気持ちで魔王だゼッ!!読めるので感謝すべきなのでしょうか…。

 

いやいや余談はこれくらいにして、考察と感想を。

 

この時点でのエイル、とても魔王です。

「一千億年かけてつぐなうがいい!無礼者め!!」とソータに言い放ったり、ソータやアスモデウスを見下したような言動…何もかもが魔王です。とても。

でも見た目は小学生なんです。それもソータよりも小さい。しかもソータにもらったマシュマロが美味しすぎてマシュマロが好物に。

 

今までオレカバトルにこんなにお茶目な魔王がいたでしょうか?できることなら私も手下にして欲しい…。いや既に心だけはなっていた…?

 

 

こんな感じでエイルの魔王さがとても伝わるので1話は気に入っています。

魔王だゼッ!!の中でも1,2を争うレベルで好きな話です。

 

中でも、エイルのアスモデウスを倒したあとのセリフ

「おまえには…魔王軍団にくわわる名誉をくれてやろう。」

 

 

これ、これですよ。これがズキューンときます、最高です。

ああ!エイルは魔王なんだ!と深く、とても、思いました。最高です。

私もエイルに褒められたい!そう思っちゃいました、思いません?

 

ところで、1話のソータ…アスモデウスに襲われた際に スマホを一度壊しているのですが実は3話で完全復活します。買い換えるの早すぎないか!?…というか、両親は金持ち過ぎないか!?ソータを甘やかしすぎじゃないか!?と思ってしまいますがきっとそれも大人の事情なのでしょう。ソータの家はなんだか恵まれていていいなあ。

 

 

…まだまだ語りたいことが多くてとっても長くなってしまいそうなので、今回はこれで終いとします。次回は2話と3話の話ができたらな~と思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!また次回でお会いしましょう!