読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷあしお道場

病弱オレカバトラーの魔王だゼッ!!オレカバトルの考察・感想中心のブログのつもりです!

魔王だゼッ!!オレカバトル 3話『アレスと真剣勝負だゼッ!!』感想・考察

魔王だゼッ!!オレカバトル

こんにちは!ゆけ島です!

今回は魔王だゼッ!!オレカバトルの3話の感想・考察をしていきたいと思います。

前回の記事はコチラから!

 

実は凄く眠たいので、言ってることがちんぷんかんぷんかもしれませんが

後で見直して訂正するので 許してください!

 

>3話 アレスと真剣勝負だゼッ!!

この回の大目玉といえば何といっても、魔王だゼッ!!唯一のカラースタート回だということ!人気の証、といったところでしょうか…。

でも残念ながら単行本ではモノクロなので 気になる方は月刊コロコロコミック2015年5月号を是非チェックしてください!

 

そして第二の目玉、ヒロイン・天井ラムネの登場です。

\ヤッタ~!/ \かわいい!/ \天井ラムネ最高!/ \技かけて!/

 

さて話のあらすじとしては、ソータとエイルがジュースを買っていると

エイルが魔王だった頃に彼に何度も挑み負けた(500回も!)熱剣士アレスが自動販売機をぶった切って登場!ここのシーンはカラーだとかなり迫力があります。

※ぽすか先生のカラー絵はオリジナルでも版権でもとても繊細でダイナミックな構図なので是非カラーで見ることをおすすめします(マジで!)

 

そして、アレスの目的は「エイルと決着をつける」こと。

エイルが人間になった今なら勝てる、と確信したアレスはエイルに挑みますがエイルは神邪ハイボールの力で変身!返り討ちにします。

悔しそうなアレスと勝った事に優越感に浸るエイル、しかしソータは小学校で所属している放送クラブに遅刻ギリギリなことに気づきます。

急いで学校へ向かうエイルとソータ、エイルにとっては学校は初めて。

学校を人間の城、「ガッコー城」だと勘違いしたまま放送クラブへ突入。

 

放送クラブの教室にいたのは、ツインテールの少女 天井ラムネ。

エイルはどうやら女性が苦手なのか怯えて逃げ出します。

そしてこのかわいい見た目の天井ラムネちゃん、どうやら見た目よりとっても荒っぽい性格のようで大遅刻したソータに技をかけはじめます。…なんだかスゴいですね。

 

エイルとソータはラムネを迎え入れ、帰路の道へ。

しかし途中で爆発に巻き込まれ、ラムネは気絶してしまいます。

爆発の跡から現れたのは なんと進化し、変わり果てたアレスでした。

アレスは煉獄皇アレスとなってエイルに襲いかかってきます。

 

いつものように連打を繰り出そうとするエイルの前にアレスは 人間であるラムネを盾にし、攻撃を防ごうとします。大変だ!ラムネが危ない!

ケロゴンが攻撃のすんでで変身を解きラムネを守りますが、正々堂々と戦ってい たあのアレスの面影はどこにもなく、アレスは「どんな手を使おうとも勝てばいい」と言い張ります。

 

そんな彼に憤怒したエイルは、果たしてアレスを倒し元の正々堂々とした戦いを好むアレスに戻す事ができるのでしょうか?

 

…といった感じのあらすじです。ヒロインのラムネがとても可愛いので、私の中ではお気に入りの回の一つです。

しかしこの回あたりから、2話までのエイルの魔王感が薄々と消え始めます。

どうしたんだエイル、今までの奪略と支配を繰り返してきた魔王の欠片もないぞ!?今までのエイルなら戸惑い無くラムネもろともぶっ飛ばしていたはずでは…!?

 

でもご安心を。エイルはこういう魔王なのです。

彼は魔王ではあるものの、自分の正義には忠実なようで 曲がったことは大嫌い。

更に相手が正義側の人間だろうと何だろうと自分の気に入った相手は助けるようです(とっても熱血漢なんですね)

1話でケロゴンを王国に返すと約束したのも、エイルの人柄がよく現れているなと思います。…魔王なのに。

 

なんだか魔王らしくないアツい性格をした彼ですが、女性であるラムネにそこそこなれつつあるものの頭が上がらないようです。エイルの過去に何かあったのでしょうか?

今後の展開が気になりますね!

 

今回はこれで終いとします。次回は4話、ついに新5章突入!

私一押しの回ですよ!新モンスターであり、章のラスボスである

海…ゴニョゴニョ…バロ…ゴニョゴニョが遂に登場します!

 

それではまた次回お会いしましょう!

ここまで読んでくださりありがとうございました!